小骨の欠片

まめかんの日常。

2013年現場まとめ

 とにかくこれを書かないことには年越しできない!のでやっつけですが一通り書きます。

*上半期(1月~6月)

3/8(金) 宝塚花組ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編-」東京宝塚劇場
3/16(土) プラチナデータ舞台挨拶生中継
3/27(水) 秦基博「HATA MOTOHIRO “Signed POP” TOUR 2013 」NHKホール

4/27(土) 宝塚花組オーシャンズ11」東京宝塚劇場

5/3(金) 宝塚花組オーシャンズ11」東京宝塚劇場


5/6(月) 腐男塾フリーライブ@池袋
5/11(土) Hey!Say!JUMP「全国へJUMPツアー2013」東京ドーム
5/12(日) Hey!Say!JUMP!「全国へJUMPツアー2013」東京ドーム
5/25(土) 増田貴久「ストレンジフルーツ」グローブ座

6/18(火) 坂本昌之「シルバースプーンに映る月」@グローブ座
6/20(木) 宝塚花組戦国BASARA真田幸村編-」@東急シアターオーブ
6/29(土) 嵐「嵐のワクワク学校」@東京ドーム

*下半期

7/7(日) 「黒バスカップ2013」夜の部@舞浜アンフィシアター
7/26(金) NEWS「NEWS LIVETOUR2013 NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER!」秩父宮ラグビー場
7/27(土) 「Sukimaswitch in Augusta Camp 2013」横浜赤レンガ倉庫

8/22(水) ジャニーズフィルムフェスタ@TDCホール
8/22(木) AKB48グループ「AKB48 2013年真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~」@東京ドーム
8/27(火) NEWS「NEWS LIVE TOUR 2013 NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER!」1部@名古屋ガイシホール

9/7(土) NEWS「NEWS 10th Anniversary」東京ドーム
9/9(月) 「DREAMBOYS JET」帝国劇場
9/19(木) 関西ジャニーズJr.&中山優馬「ANOTHER」日生劇場
9/28(土) 「ガールズアワード2013 AUTUMN/WINTER」国立代々木競技場

10/4(金) 宮野真守「MAMORU MIYANO SPECIAL LIVE 2013 ~TRAVELING!~」日本武道館
10/12(土) A.B.C-Z「ABC座2013ジャニーズ伝説」日生劇場
10/18(金) 劇団四季「ウィキッド」電通四季劇場 海

11/3(日) 泉谷しげる・miwa・ゆず他「ラジオが教えてくれた音楽コンサート」東京国際フォーラム
11/8(金) 関ジャニ∞関ジャニ∞ LIVETOUR2013 JUKE BOX」@東京ドーム
11/15(金) Kis-My-Ft-2「Kis-My-Fit2 SNOW DOMEの約束」@東京ドーム
11/16(土) スキマスイッチ「Sukimaswitch 10th Anniversary Arena Tour2013 “POPMAN'S WORLD」さいたまスーパーアリーナ
11/24(日) 小野大輔神谷浩史(DGS)「DearBoy祭」ライブビューイング

12/4(水) 中谷美紀他「ロスト・イン・ヨンカーズ」神奈川芸術劇場
12/21(土) 「Original Entertaiment Paradise 2013~ROCK ON!!!!~」両国国技館
12/25(水) PerfumePerfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 」東京ドーム

計:ジャニーズ15/宝塚4/声優4/その他9

総括

去年はジャニーズ5公演とかだった気がするので、ジャニーズだけでも去年の3倍行ったのかな。
今年はかなり現場に行ったし、我ながら東京ドームによく通ったな~!と驚いてます。
機会とお金があれば行ってみたい現場はたくさんあったけど、手広く見る、が今年のテーマだったので、おおむね悔いはない2013年でした。

☆声優現場デビュー

今年、特筆すべき点は、やはり声優現場デビューかなと。
数としては4つなのでさほど多くないんですが、去年まで生で観たことのある声優さんなんて一人もいなかったのに、今年の下半期であっさり2桁行ったというw ちょっと経験値あがった!(はず)
黒バスのイベントに始まり、マモちゃんの武道館、DGSライブビューイング、おれパラまで一切はずれなし!声優現場楽しすぎる。
声優さんの現場はトークやアフレコなんかが多いですし、セットも比較的シンプル。それだけにご本人の手腕が試されるのが、声優現場じゃないかなと。一方、声優さんたちも異常にステージ慣れしていて、しゃべり一つで観客を自由自在にあやつっているわけですよ。実際行くと、いろんな意味でファンサービスのスキルが高すぎて鳥肌もの。
高校生の頃に「DearGirl~Stories~」で小野大輔さんのぬるいファンになってから、ご本人を実際に見るのまで5~6年ぐらい空いてるので、念願の……!という感じの現場デビューでもありました。小野Dは現場ごとにキャラクターというか役割を微妙に変える人なのですが、どれもずっと見てきた小野Dで、どの小野さんも好きだなぁとしみじみ思ったし、最高に癒されたし、ピンポイントファンサ(たぶん錯覚)に落とされました。あの威力はすごい。
あと、ブログにも書いたけども、宮野真守さんのライブはすごく素敵だったので、声優さんライブデビューはぜひともマモちゃんをおすすめしたい!
ってなわけで、来年はマモちゃんのライブ誰か一緒に行ってくださいw 来年は声優さん関連も輪を広げられたらいいな。

☆ジャニーズ関連

ジャニーズは完璧に事務所担でしたね~。そのくせ嵐コンに入れていない体たらくですが、どうしても今年のうちに見ておきたかったグループをつまみ食いできたので刺激も学びも多かったです。東京ドームの公演ばっかり入っていたので、グループごとのカラーやフェーズが感じられたような気がして楽しかったです。ジャニーズはほんと奥が深いです……!
嵐・NEWS以外で特に印象的だったのは、JUMPコン。
それまでJUMPは比較的内輪で閉じている印象が強く、いまいち踏み込む勇気がなかったのですが、今年のJUMPはシングル“Come on a my house”が象徴しているように、とにかくウェルカム!なイメージでした。
そんなオープンな空気に後押しされて足を運んだコンサートは、ゲストもいたし、私のように観客にも他担が多く入っていたと思うのですが、よっしゃ~誰だってどんと来い!って感じのたくましさと、そんな中JUMPを見せつけてやろうという気概が感じられてとにかく男らしかったです。
テーマがテーマなだけに、コンサート自体に強烈なメッセージはないのですが、キラキラとふわふわとかっこいい!が見事に混ざり合っている、ゆるぎない王道のジャニコンは本当に素晴らしい!とにかく多幸感に満ち溢れていて、すごく幸せな気持ちになれるコンサートでした。
あと、売れる準備万端で上昇気流をじりじり待っているような、そういうあの頃のJUMP特有の空気感なんかもすごくわくわくしました。
来年は今年以上の快進撃が始まるんじゃないかなと思っているので、コンサートに気軽に行くのも難しいかもしれませんが、JUMPコンはぜひまた行ってみたいです。
NEWSは、衝撃的だった昨年のコンサートに匹敵するほどクオリティーが高く、個人的には去年よりもすごくすごく好きなコンサートでした。まだまだ彼らが目標とするところまで遠いかもしれないけれど、一年かけて、4人全員が歌とダンスをしっかり磨いてきたことが本当にうれしい。10周年という節目の年ではありましたが、彼ら自身も通過点でしかないとシビアに語っているように、もっともっと素敵なステージを作ってくれるはず!と大いに期待が高まった一年でした。

☆舞台

舞台も比較的たくさん観ましたね〜!
私がドハマりしたのは宝塚花組の「オーシャンズ11」。一回見て、速攻2回目のチケット取ったくらい宝塚のきらめきが詰まってました。宝塚デビューする人にぜひ見てほしい演目だったなぁと。この公演で花組が大好きになったので、トップスターの卒業は寂しすぎます。まだあの時の花組を見ていたいよ~!
あと、もう一つ印象的だったのは、劇団四季の「ウィキッド」。「Defying Gravity」を聞きたいというただ一点で行ったのですが、テーマも構成も歌も、本当に大好きな作品でした。終わってしまう前に一度観ていただきたいし、学生~大人の方までグッとくる作品じゃないかと思います。おすすめです。

☆その他

演出のトータルクオリティーの高さでぶっちぎっていったのはPerfumeの東京ドームかな。
衣装、演出、ダンス、照明……全部隙がなく、素晴らしく完成されていたコンサートでした。
今年は東京ドームを使ったコンサートをそこそこ見ただけに、より一層Perfumeの異質さを感じたライブでした。
東京ドームで公演するグループは、物理的に近づく工夫をすることが多いと思うのですが、Perfumeの場合は物理的な近さより演出が優先されていて、外周やバックステージを使う曲もかなり少なめ。
じゃあ、距離感を縮める工夫はどこにあるのかというと、MCなんですよね。MCがとにかく精神的に近い。MCが始まったとたん、会場中を一瞬で内輪にしてしまう、この空気感とバランスには感動しました。
さらに、アンコールの終わり方が最高!
観終わって思ったのは、あれはほとんどのジャニーズはきっとやらないだろうなということでした。ジャニコンがスタイリッシュになり切らない理由もそこにあるんだろうなぁと直感的に理解できた気がします。
どちらが良い、悪い、ではなくて、だから私は両方とも好きなんだなぁと思いました。



駆け足ですが、2013年はこんな感じでした。
来年は機会があれば声優現場に足を運びつつ、テニミュやらまだ覗けていない場所を観てみたいかな~。
基本的に、お誘いいただければなんでも行きますので、お詳しい方がいらっしゃいましたら手ほどきお願いします笑
ジャニは全部違って全部楽しかったのですが、今年ほど行ける気がしないので、チケットが取れる範囲でいろいろ観れたらいいかなと。
ほんと、2013年は現場が楽しくて幸せでした~!
来年も良い現場に巡り合えることを願って。